学会の最近のブログ記事

1027日にIAC Tutorial Almaty, Hong Kong3回講演し、夜便で香港より移動し夜半の12時に上海に到着した。

蘇州へは列車で30分のところであるが、車を手配していただき、午前2時半頃に蘇州のホテルにチェックインした。

中華病理学会の開会式に8時から出席し、一端ホテルに戻り、午後2時からKeynote Lectureをした。

中華病理学会の講演風景.JPG

IAC Tutorial Almaty, Hong Kongでは、参加者が300名近く、極めて活気に満ちたものであった。

今回は、HKIAPHKIACの合同開催であった。私は、Neuroendocrine tumor, Ancillary and molecular techniques,Unknown cases3講演を行った。質問も多く興味をもって聴いてもらえた。

蘇州(Suzhou)での、中華病理学会は4000人規模の極めて大きな集会であった。今回は私の講演は中国語への通訳なしで、持ち時間を充分に使って"WHO Endocrine tumors 2017"に則って下垂体腫瘍と膵神経内分泌腫瘍(PanNEN)の講演を行った。気に入ってもらえたようで安堵している。

Hong Bu会長.JPG

私の人生の中で最もタイトなスケジュールとなったが、多くの方々のご支援で可能となった。心から感謝しています。

 

蘇州は、庭園が有名で、その中の一か所を見学した。

蘇州の庭園.JPG

また夕刻には、River Cruiseで町の夜景を楽しんだ。

蘇州のクルーズ.JPG

香港では、娘の家族と一緒に時間を過ごし、蘇州では中国の病理医の方々と旧交を温め、良い思い出を携えて帰国した。

香港.JPG
IAC Tutorial.jpg

中央アジアに位置するカザフスタンの最大都市アルマトイ(Almaty)IACTutorialが開催された。古くはシルクロードのオアシスとして栄えた町。街中のサインはすべてロシア語。

食事は、馬、羊Lamが主体であった。人々の顔はアジア系の特色が強く感じられた。

 

ホテルで開催されたTutorial細胞診講習会。約100名が対象で3日間かけて細胞診断の基礎から最近の話題まで広範囲の講習である。今年は、Kuala Lumpurの次で2回目。

私も、3回の講演を行ったが聴衆はみな非常に熱心で質問も多かった。

  Lecture 1 Neuroendocrine tumors

  Lecture 2  Ancillary and Molecular techniques in cytology

  Lecture 3 Unknown cases in Cytology

 

会期中にIACの新メンバーの加入もあり成果の大きいTutorialであった。

 

レセプション.jpg

カザフスタンは、山岳地域で数時間ドライブで素晴らしい風光明媚なところが多いといわれているが、残念ながら時間がなく次回に譲ることとなった。

戦争モニュメント.jpg

毎回感じることであるがTutorialが盛会である充実感を持ってアルマトイを後にした。

お世話をいただいたDr. zhanar yeleubayeva にお礼を申し上げたい。

アイススケートリンク.jpg

616日より18日まで中国西寧市Xiningにおいて第15回全国細胞病理学会が開催された。Chinese Association of Cytopathologyの会長であるDr.Dong Ge Liuの招きで訪中し、

特別講演: Pancreatic Neuroendocrine Neoplasms(PanNEN) in WHO Tumor Classification of Endocrine Organs 2017:Update of Pathology and Challenges of Cytopathology. を行った。

私のほかに、海外からの演者は Ritu NayerBethesda Systemの講演を行った。

他の演題は当然のことながら中国語で行われたが、スライドの漢字をフォローすると可成りの部分が私なりに理解できた。

会場の様子4.jpg

西寧市は、海抜2,275メートルの高さにある高山地帯である。

イスラム教徒もいるが、多くは仏教徒である。

インドから中国を経て我が国に伝わった仏教は、偶像崇拝も含めて現在の日本の仏教とは異なる感じがした。

タール寺.jpg

424日から27日までインドネシアのバリ島; Bali Nusa Dua Convention Centerにて第10回のAsia Pacific IAP Congressが開催された。

10APIAP.jpg

本学会は、IAPインドネシア支部との共催であり、また第12APSMIも同時に並行して開催された。インドネシア、アジア諸国はもとより、ヨーロッパおよび米国などからも参加者があり大盛会であった。

学会では、以下のシンポジウムで講演をした。

Endocrine pathology:

WHO Classification 2017of pituitary adenomas: What do we need to update?

Cytopathology:

The applications of immunohistochemistry and molecular pathology to cytological

Specimens from the lung tumors

2017IAP.jpg

APSMIにおいては、友人の米国南カリフォルニア大学のDr. Clive TaylorAnthony Leong Memorial Lectureの講演を行った。Tony Leongは私およびJiang GuとともにAPSMIの創設者の一人であり、第9回のAPSMIKuala Lumpurで主催した直後に残念ながら急逝した。Tonyの病理学および免疫組織化学への情熱passionは今でも深く記憶に残っている。第11APSMITaipei)では私がAnthony Leong Memorial Lectureを担当させていただいた。

 

4月とはいえ、現地は、すでに真夏の暑さであった。余暇を見て山岳地帯へ行ってみたが湖を含む眺望は素晴らしいものであった。Nusa Dua Beachは数キロにおよぶ遠浅であり、海水浴を楽しむことはできなかったが、Beachの近くにいることの"うれしさ"を感ずる毎日であった。

Baliの景色.jpg

アブダビでのIAC Tutorialを終え、帰宅する時間もなく、成田空港で乗り換え台北にて開催の第11Asia Pacific Society for Molecular Immunohistology(APSMI)に向かった。

11th APSMI.jpg

129日夜9時過ぎに台北に到着しホテルに直行した。翌1210日午前11時より、Anthony Leong Memorial Lecture "Challenges of Molecular Immunohistology in Genomic Era" を特別講演した。

APSMI.jpg

APSMIは、10余年前に、オーストラリア(当時)のAnthony Leong、中国のJinag Guと私が発起人Foundersとなって、同志を募ってアジア太平洋地域での分子病理、免疫組織化学の活性化を目指して立ち上げた学会である。今回で第11回であるので、年々活発になり、10年間の節目を超えて次の10年に差し掛かったということである。

Tony Leongは、活動拠点を故郷のMalaysiaに移して更なる活躍残が期待されていたが、残念にも、2011Kuala LumpurAPSMIを主催し間もなく、病に倒れ亡くなられた。

Tonyは、免疫組織化学の基礎と病理診断への応用において輝かしい成果を残された方であり、そのMemorial Lectureを依頼されたのは極めて光栄なことであった。私は、APSMIを立ち上げて以来、この10年間での著しい進歩に触れながら、またTonyの輝かしい足跡に思いを馳せながら1時間の講演をした。実に900名を超す参加者があり大盛会であった。Shih-Ming Jung会長に、心よりの御祝いと深甚なる謝意を表したい。

また、国際細胞学会での台湾を代表するDr. Laiが故宮博物館、旧大統領邸を案内してくださり、楽しい時間を過ごすことが出来た。

台北.2016APSMI.jpg

1st UAE ICC.jpg

128日から10日まで、アラブ首長国連邦の首都アブダビにて、IAC主催 Ist International Conference on Cytology in UEAとの合同開催としてIAC Tutorial が開催された。

アブダビも20世紀終盤に石油が主たる産業となって以来いわゆるOil Moneyにより非常に豊かな地域に変貌している。多くの高層ビルが立ち並び、会場となったホテルも極めて豪華絢爛の極みを呈していた。Tutorialも、UEAを主体とした近隣諸国から200名以上の参加者があり、盛会であったのは喜ばしい限りであった。

多数の参加者.jpg

IAC理事長として大変嬉しく思っている。私は、次の台北で1210日にAPSMIでの講演があったので、8日にまとめて3回講演した。

1. Ancillary and Molecular Testing

2. Case Discussion - Ancillary Testing

3. Neuroendocrine tumor

私の講演に対しても色々と質問がなされたが、いずれも学問的に高度な内容でもあり、UEAおよび周辺での細胞診断の水準の高さを物語るものと思われた。

講演中.jpg

学会で.jpg

アブダビには、イスラム教のモスクGrand Mosque があり、夕方に訪問したが、その荘厳で雄大なたたずまいに感動したが、夕日を沈むまでの赤くそまるMosqueは文字通り必見に値するものであった。

Abu Dhabi.jpg

GYN2016.jpg

1029日から31日まで北京国際会議場で開催されたInternational GYN/OB Pathology Congress(国際婦人科病理学会)に招聘され出席して講演した。

3日間の会議であったが、総参加者数は400名を超え大盛会であった。

多くの中国国内の出席者の他海外からは、ヨーロッパ、米国、アジア(日本、香港など)多彩であり、婦人科・産科病理の領域の専門的な立場から各領域のUpdateした全般的な講演を聞くことが出来た。

北京 講演中 (2).jpg

私は、子宮頚部に発生する神経内分泌腫瘍・癌(NET NEC)の講演を行った。多くの症例がNECであり、NET/NECともhigh risk HPVと関連しているなど、非常に興味ある知見を中心に述べた。

学会の運営なども非常に効率よく友好的であった。

学会場からの風景.png

ECC2016.jpgのサムネール画像
ドイツのケルン市で開催された第31IAP国際学会が終了後、ロンドンで一泊した後、欧州細胞学会に出席のため汽車でリバプールに入った。のんびりとしたなかなか良い旅であった。

学会場とホテル.jpg

学会初日には、IAC理事会が開催され、理事長としてはじめての理事会を取り仕切ることとなった。

主な決定事項は、シドニーの次の2022年の国際細胞学会ICCの開催地の審議・決定であった。

6か所からのbidがあり、充分に時間をかけて慎重に審議し投票結果によりケープタウンが選出された。


学会のプログラムも、婦人科、呼吸器、消化器、乳腺、内分泌(膵、甲状腺など)、泌尿器系、脳神経系 など広範にわたり、多数の出席者により活発な討論がなされた。

乳腺では、IACによりFNAのガイドラインが"Yokohama system"として企画されておりシンポジウムでその内容が議論された。

私は、105日(学会最終日)に以下のタイトルで講演した。

Companion society symposium: IAC A Breast FNAB Cytology Reporting System: raft Proposals reast FNAB Categories: suspicious and malignant

リバプールは、ビートルズが生まれ育って活躍した場所でも有名であり、Beatles Magic Tourなるそれぞれの生家、育った場所などを回るツアーもある。写真は、Paul McArtney, John Lenonの生家である。

ジョンとポールの家.jpg
IAP2016.jpg

さる925日から29日までドイツのケルン市CologneIAP国際会議が開催された。

ケルン市には、ライン河沿いに有名な大聖堂があり多くの観光客を集めている。夜はライトアップされてまた美しい。大聖堂の周囲には、我々の知るドイツ風のヒアホール、レストランが並び夜にはことさらの賑わいを見せている。

IAP国際学会であるが、4000名を超える参加者が集い、大盛会であった。

日本から参加された多くの先生方ともお目にかかることができた。

私は、以下の2回の講演を無事終えることが出来た。

925SY-02 Working Group Symposium Endocrine Pathology:

What's new in the new WHO classification of endocrine tumors?

Update of WHO classification of pituitary tumours

926Working Group Long Course Cytopathology:

Cytopathology in the genomic era

Cytology-perfect targets for genomic detection

International Council Meetingの投票で、2022年はオーストラリアのシドニーで開催されることになった。日本は福岡開催でbidしたが、次回の2024年の開催を期して再度準備することになった。

IAP国際学会は、2018年は、JordanAnman市、2020年はGlasgow市で開催されることが決定されている。

ケルン大聖堂 昼と夜.jpg

さる528日より61日までパシフィコ横浜で表記の合同学術総会が開催された。

ICC2016会場.JPG











JSCCの理事長として青木大輔会長が主催し, 海外よりの出席者728名、我が国よりの出席者5377名で総計6000名を超える出席者があり、空前の出席者数を得て盛会裏に終了した。

開会式では、恒例のIAC Awardセレモニーがあり、長谷川壽彦先生がKazumasa Masubuchi Lifetime Achievement Awardを受賞し記念講演された。

学会の学術プログラムはJSCC2日間、ICC3日間で1日だけオーバーラップし、JSCCの会員も出席しやすく配慮された。

JSCC学術総会では、細胞診専門医および細胞検査士にとって多くの魅力的なプログラムが満載されており空前の出席者に繋がったと思われる。

一方ICCも、Plenary lecture, Keynote lecture, Meet the Expert(MTE)の他Companion meeting, Symposium, Workshopなど多彩な内容であり、計66か国から6105名の出席者が一堂に会した。

国内外の出席者が和気藹々と歓談する場面が随所で見られ楽しいかつ素晴らしい学術集会であった。

First announcement.jpg

最近のブログ記事

The International Academy of Cytology ( IAC) 理事長に就任
先に行われた第19回国際細胞学会議におい…
10th APSMI-INA-IAP合同会議に出席して
第10回のアジア太平洋免疫組織化学・分子…
70歳になって米国で3題の演題を発表:国際の舞台を現役で②
2題は、BostonでのUSCAP20…

タグクラウド