The 10th Asia Pacific International Academy of Pathology (APIAP) Congress &12th Asia-Pacific Society for Molecular Immunohistology(APSMI) Bali, Indonesiaに出席して

| コメント(0) | トラックバック(0)

424日から27日までインドネシアのバリ島; Bali Nusa Dua Convention Centerにて第10回のAsia Pacific IAP Congressが開催された。

10APIAP.jpg

本学会は、IAPインドネシア支部との共催であり、また第12APSMIも同時に並行して開催された。インドネシア、アジア諸国はもとより、ヨーロッパおよび米国などからも参加者があり大盛会であった。

学会では、以下のシンポジウムで講演をした。

Endocrine pathology:

WHO Classification 2017of pituitary adenomas: What do we need to update?

Cytopathology:

The applications of immunohistochemistry and molecular pathology to cytological

Specimens from the lung tumors

2017IAP.jpg

APSMIにおいては、友人の米国南カリフォルニア大学のDr. Clive TaylorAnthony Leong Memorial Lectureの講演を行った。Tony Leongは私およびJiang GuとともにAPSMIの創設者の一人であり、第9回のAPSMIKuala Lumpurで主催した直後に残念ながら急逝した。Tonyの病理学および免疫組織化学への情熱passionは今でも深く記憶に残っている。第11APSMITaipei)では私がAnthony Leong Memorial Lectureを担当させていただいた。

 

4月とはいえ、現地は、すでに真夏の暑さであった。余暇を見て山岳地帯へ行ってみたが湖を含む眺望は素晴らしいものであった。Nusa Dua Beachは数キロにおよぶ遠浅であり、海水浴を楽しむことはできなかったが、Beachの近くにいることの"うれしさ"を感ずる毎日であった。

Baliの景色.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osamura-newpath.com/mt/mt-tb.cgi/105

コメントする

最近のブログ記事

私の人生で最もハードな講演スケジュール:香港から蘇州へ
10月27日にIAC Tutorial …
IAC Tutorial カザフスタン アルマトイ 2017年9月16日-18日
中央アジアに位置するカザフスタンの最大都…
わが青春の味 Dr. Pepper & Bottle Coke
休日には、ジムに行って筋トレ、ランニング…

タグクラウド