XXXI International Congress of the International Academy of Pathology And 28th Congress of the European Society of Pathologyに出席して

| コメント(0) | トラックバック(0)
IAP2016.jpg

さる925日から29日までドイツのケルン市CologneIAP国際会議が開催された。

ケルン市には、ライン河沿いに有名な大聖堂があり多くの観光客を集めている。夜はライトアップされてまた美しい。大聖堂の周囲には、我々の知るドイツ風のヒアホール、レストランが並び夜にはことさらの賑わいを見せている。

IAP国際学会であるが、4000名を超える参加者が集い、大盛会であった。

日本から参加された多くの先生方ともお目にかかることができた。

私は、以下の2回の講演を無事終えることが出来た。

925SY-02 Working Group Symposium Endocrine Pathology:

What's new in the new WHO classification of endocrine tumors?

Update of WHO classification of pituitary tumours

926Working Group Long Course Cytopathology:

Cytopathology in the genomic era

Cytology-perfect targets for genomic detection

International Council Meetingの投票で、2022年はオーストラリアのシドニーで開催されることになった。日本は福岡開催でbidしたが、次回の2024年の開催を期して再度準備することになった。

IAP国際学会は、2018年は、JordanAnman市、2020年はGlasgow市で開催されることが決定されている。

ケルン大聖堂 昼と夜.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osamura-newpath.com/mt/mt-tb.cgi/92

コメントする

最近のブログ記事

2年ぶりのアメリカ出張:LAにおけるUSCAPに出席して Nothing better than face-to-face meeting
  3月18日に成田空港を出発して、25…
カタリン・カリコ博士について mRNAワクチンへの道 学ぶこと思い出すこと
増田ユリア著 「世界を救うmRNAワクチ…
思い出す1975年 Dr. Charles Wetli  "I remember Chuck "
現在行われている東京オリンピックで、アメ…

タグクラウド