第28回ヨーロッパ細胞学会(28th Congress of the European Society of Pathology)に出席して

| コメント(0) | トラックバック(0)

ECC2016.jpgのサムネール画像
ドイツのケルン市で開催された第31IAP国際学会が終了後、ロンドンで一泊した後、欧州細胞学会に出席のため汽車でリバプールに入った。のんびりとしたなかなか良い旅であった。

学会場とホテル.jpg

学会初日には、IAC理事会が開催され、理事長としてはじめての理事会を取り仕切ることとなった。

主な決定事項は、シドニーの次の2022年の国際細胞学会ICCの開催地の審議・決定であった。

6か所からのbidがあり、充分に時間をかけて慎重に審議し投票結果によりケープタウンが選出された。


学会のプログラムも、婦人科、呼吸器、消化器、乳腺、内分泌(膵、甲状腺など)、泌尿器系、脳神経系 など広範にわたり、多数の出席者により活発な討論がなされた。

乳腺では、IACによりFNAのガイドラインが"Yokohama system"として企画されておりシンポジウムでその内容が議論された。

私は、105日(学会最終日)に以下のタイトルで講演した。

Companion society symposium: IAC A Breast FNAB Cytology Reporting System: raft Proposals reast FNAB Categories: suspicious and malignant

リバプールは、ビートルズが生まれ育って活躍した場所でも有名であり、Beatles Magic Tourなるそれぞれの生家、育った場所などを回るツアーもある。写真は、Paul McArtney, John Lenonの生家である。

ジョンとポールの家.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osamura-newpath.com/mt/mt-tb.cgi/93

コメントする

最近のブログ記事

私の人生で最もハードな講演スケジュール:香港から蘇州へ
10月27日にIAC Tutorial …
IAC Tutorial カザフスタン アルマトイ 2017年9月16日-18日
中央アジアに位置するカザフスタンの最大都…
わが青春の味 Dr. Pepper & Bottle Coke
休日には、ジムに行って筋トレ、ランニング…

タグクラウド