The International Academy of Cytology ( IAC) 理事長に就任

| コメント(0) | トラックバック(0)

先に行われた第19回国際細胞学会議において

The International Academy of Cytology(IAC)理事長に就任した。

日本人としてはIAC史上初の快挙と言える。

IAC新役員2016.jpg


IAC(国際細胞学会)は世界中で総計52の各国あるいは各地域での細胞診断に係るAffiliated Societies関連組織を統括する国際連合組織である。

世界人類の健康維持のために細胞診断の寄与を目的としている。

会員【医師671MIAC、検査士407CMIAC

評議員【医師364FIAC、検査士CFIAC105名】

我が国は会員・評議員として推薦されている方々が世界一多い国である。

主な活動は、Webinarによる細胞診講義、Virtual slidesによる教育、機関誌Acta Cytologicaの発行、世界各地で開催される実習講習会Tutorialなどであり、Tutorialの後実地試験によるFIACMCIACの認定が行われる。

私は「アジアから選出された理事長として、日本臨床細胞学会がリーダーとなって、アジア諸国の細胞診のレベルアップを図り、多くの有益な情報を発信して行きたい」

任期は、第20回国際細胞学会議(シドニー)が開催される2019年まで3年間である。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osamura-newpath.com/mt/mt-tb.cgi/90

コメントする

最近のブログ記事

思い出す1975年 Dr. Charles Wetli  "I remember Chuck "
現在行われている東京オリンピックで、アメ…
ダニエル イノウエ元米国上院議員とは、、、
折角なので少しDaniel Inouye…
Japanese-American senator to be remembered   ダニエル イノウエ米国上院議員 八女市に日米友好のシンボルとして銅像
World War II vetera…

タグクラウド