70歳になって米国で3題の演題を発表:国際の舞台を現役で②

| コメント(0) | トラックバック(0)

2015_Annual_Meeting_644x337.jpgのサムネール画像2題は、BostonでのUSCAP2015でポスター発表した。

国際病理アカデミー北米支部(USCAP)は、2015321日から27日までマサチューセッツ州ボストンで開催された。

USCAP④.jpg

1題は、「High Immunohistochemical Expression of Heat Shock Protein90 in the Metastatic NET/NEC in the Liver: A Next Generation Target?

神経内分泌腫瘍におけるHSP90が高発現し、治療の標的分子となりうることを発表した。

もう1題は、「Immunohistochemical Detection of Therapeutic Biomarkers, SSTR2, SSTR5 and p-mTOR, in Various Human Pituitary Adenomas

各種下垂体腺腫において、SSTR2, SSTR5, mTORを免疫組織化学的に解析して、GHomaには、SSTR2の他にSSTR5も発現しており、Octreotideのほか、Pasireotideも有効であることが示唆された。USCAPは、約5,000名の出席と報告されたが、相変わらずの活気であり。昨年に比べて分子病理Molecular(Genomic)Pathologyの発表が格段に増加したことが印象深かった。

 

70歳を過ぎて、米国で発表したが、採択率50%ともいわれる米国の学会で発表できる機会は、実にチャレンジングである。このチャレンジ精神を若手に是非伝えたい。

 

USCAP③.jpgUSCAP②.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osamura-newpath.com/mt/mt-tb.cgi/88

コメントする

最近のブログ記事

私の人生で最もハードな講演スケジュール:香港から蘇州へ
10月27日にIAC Tutorial …
IAC Tutorial カザフスタン アルマトイ 2017年9月16日-18日
中央アジアに位置するカザフスタンの最大都…
わが青春の味 Dr. Pepper & Bottle Coke
休日には、ジムに行って筋トレ、ランニング…

タグクラウド