お医者さんと学ぶ:目で見る病理研究体験

| コメント(0) | トラックバック(0)

6月23日に科学技術館にてかに座.jpg

 

来る623()に科学技術館の御協力で、病理診断を小学5-6年生20名の諸君と一緒に体験する機会を得て、"ワクワク"しています。

 

いろいろな疾患の中で、比較的子供たちにも分かり易いのは、癌Cancerだと思い、癌細胞を題材とすることにしました。ちなみにCancerとはかに座のことです。なぜでしょうか?

 

 

 

画像を見ながら、癌とは"どういう病気か?"をお話した後に、大腸の癌細胞と正常細胞を見て、観察しスケッチをしてもらうつもりです。

"正常の大腸組織と癌の組織の"見え方の違い"を分かってくれるだろうか? また、癌細胞は正常細胞に比べ、核が大きく形も不揃いなところも分かってくれるだろうか?" など気になるところです。 

結腸癌.jpg

組織の画像.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

この研究体験を通して、癌という病気を"形"で把握して貰いたいと思います。そしてそのような形をした癌細胞は、どのようにして"浸潤""転移"するのか? 治療の基本は何か? なども考えて貰うつもりです。

何よりも期待しているのは、小学生の諸君が"病理医"という医者と触れ合って、病理診断という医療行為を身近に理解してくれることです。受講生の中から将来の病理医が生まれるかもしれない!などとも思いを馳せています。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osamura-newpath.com/mt/mt-tb.cgi/62

コメントする

最近のブログ記事

思い出す1975年 Dr. Charles Wetli  "I remember Chuck "
現在行われている東京オリンピックで、アメ…
ダニエル イノウエ元米国上院議員とは、、、
折角なので少しDaniel Inouye…
Japanese-American senator to be remembered   ダニエル イノウエ米国上院議員 八女市に日米友好のシンボルとして銅像
World War II vetera…

タグクラウド