国際医療福祉大学三田病院 "新" 病理診断センター

| コメント(0) | トラックバック(0)

分子病理診断室・テレパソ室を備えた"Dream lab"への道 

 

新三田病院.jpg 213日より国際医療福祉大学三田病院は新病院がオープンした。

 

病理診断 自動化 (3).jpg 

病理診断センターは、6階に手術室と隣接しており理想的なロケーションと言える。

従来 染色など多くのステップを機械化してきているが、業務の進行具合に併せて、迅速包埋装置Xpressも活用し、One-day-pathologyも進める予定です。

 

 

 

これまで、大変狭い限られたスペースで進めてきた分子病理診断室も充分なスペースを確保して業務を拡充しつつあります。

HER2, EGFR,KRAS,KIT,BRAFなどの遺伝子診断行っています。

 

分子病理診断 (2).jpg  分子病理診断new (2).jpg  

 

  また、国際医療福祉大学・高邦会グループとして遠隔病理診断にも大変関心を示しており、"テレパソ室"も設置しています。

  テレパソ室new.jpg    テレパソ室内部 (2).jpg

 

  

  

 

 

 

 

三田病院での病理診断センターは、グループの山王病院、山王メデイカルの病理診断も担当しており、年間の検体数は、組織診断10,000件、細胞診断22,000件になり、3名の常勤病理医(長村、森、相田)および非常勤病理医で担当しています。

 

病理診断センターの見学を御希望の方は...

 

三田病院病理部(病理診断センターのホームページ)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osamura-newpath.com/mt/mt-tb.cgi/38

コメントする

最近のブログ記事

私の人生で最もハードな講演スケジュール:香港から蘇州へ
10月27日にIAC Tutorial …
IAC Tutorial カザフスタン アルマトイ 2017年9月16日-18日
中央アジアに位置するカザフスタンの最大都…
わが青春の味 Dr. Pepper & Bottle Coke
休日には、ジムに行って筋トレ、ランニング…

タグクラウド