『ベトナムチョーライ病院と国際医療福祉大学三田病院の遠隔病理画像診断』実地調査にホーチミン市を訪れて

| コメント(0) | トラックバック(0)

118日テレビ東京Digital 7 ニュースセンター "ワールド・ビジネス・サテライト(WBS)にて放映予定"

 

経済産業省と国際医療福祉大学のプロジェクトの実証実験のため、大学+企業のコンソーシアムでベトナムホーチミン市にあるチョーライ病院を訪問した。実施内容は双方バーチャルスライドでデジタル化した画像をサーバーに挙げ、双方で診断する実証実験を行った。                                           

 

  IMG_2073.JPG

画像は良好、TV会議を同時に行いReal-timeで会話しながら病理診断した。両者の一致率は良かった。チョーライ病院からは、腫瘍の良悪の判定などのコンサルテーションがなされて、三田病院で複数の病理医が鏡検し最終診断、治療方針など述べた。ベトナムから日本に対する病理診断における期待は、ハード面、ソフト面とも大きなものである。

経済産業省の医療の国際支援に貢献すべく一同協力して遂行中である。

次回は、年内に中国北京市の中国リハビリテーションセンターを訪問し、同様な実地調査を予定している。

 

IMG_1479-2.jpgのサムネール画像ベトナムは湿度が強い真夏であった。

ホーチミン市は活気が凄い。モーターバイクが街にあふれて、横断するにも一苦労であった。

ホーチミン市では、"アジアの活気"を充分に感じることが出来る。

人々は温和で一般的には親日的と思われる。

我々も、医療支援などを通して協力して行く国の一つであろう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://osamura-newpath.com/mt/mt-tb.cgi/33

コメントする

最近のブログ記事

2年ぶりのアメリカ出張:LAにおけるUSCAPに出席して Nothing better than face-to-face meeting
  3月18日に成田空港を出発して、25…
カタリン・カリコ博士について mRNAワクチンへの道 学ぶこと思い出すこと
増田ユリア著 「世界を救うmRNAワクチ…
思い出す1975年 Dr. Charles Wetli  "I remember Chuck "
現在行われている東京オリンピックで、アメ…

タグクラウド